介護

有料老人ホームで受けることができるサービス|室内の品質

事務処理の強い味方

男性と介護士

介護施設が依頼者と国保連からお金を請求するためには、伝送ソフトを使って請求を立てる必要があります。そういった介護事務を補助するソフトが多く出回っているため、それぞれのソフトの特徴を一覧で表示している比較サイトから見比べてみるとよいでしょう。ソフトの種類としては、パッケージ型とASP型というものがあります。2つの違いは、パッケージ型の場合は高性能なシステムが備わっていて、その分購入費も高額なものとなっています。ASP型の場合は、必要最低限の機能が備わっていて、ネットを経由してデータ連携をするため、新しい項目の追加であったりサポートが充実しています。また、パッケージ型と比べると費用も安く済むという特徴があります。今までISDN回線でしか伝送できなかったものも、現在ではインターネット回線を使って伝送できるようになったため、新たにISDN回線を用意しなければいけないという煩わしさも解消されています。

介護事務の処理をデータ化することにより、今まで書面などで対応していた際の人的ミスや紛失などのリスクがなくなっています。介護事務のソフトは操作難しいという方でも、無料で電話対応を行なってくれるという会社もあるため、そういったサポート体制も考慮して購入するとよいでしょう。また、会社に規模によって適したものとそうでないものがあるので、介護事務のソフトごとの特徴をしっかり把握して購入しましょう。導入する介護事務のソフトによっては初期導入日が発生することもあります。将来的にどちらがお得か計算して選びましょう。